小さいストレスを見逃さないこと!~ストレスケアを放置しておくと・・・

こんにちは。

 

・不登校のお子さん

・何かの依存症に苦しんでいる方。

・非行など

 

 

こういう現象は

色々なところから来ていますが、

 

その原因は何だと思いますか?

それは

 

自分を認めてほしいという潜在的な感情

 

です。

 

これを承認欲求といいます。

 

 

 

先日

不登校のお子さんをお持ちのお母さまとのセッションをしました。

 

 

「僕は苦しいんだ。助けて・・・」

そういうメッセージが届きました。

 

 

でも、家族に見せている行動は逆でした。

 

●プライドが高い人

●完璧主義な人

 

 

こんな性格の人は

なかなか「辛い」と言えません。

これは子どもも、大人でも同じです。

 

 

 

元々「甘え気質」がある子は、

「僕は苦しいんだ。助けて」という気持ちから

 

 

「何かに依存する」行動に出ます。

 

 

大人であれば、

薬物依存やアルコール中毒などがそれにあたります。

 

 

「助けて!自分を見て」

 

 

そういう感情から非行に走る子もいます。

 

 

=========================

ストレスからいろいろな現象へ

発展していく。

==========================

 

 

私は

「不登校」からもっと深い

問題点を知るのです。

 

 

 

「心の寂しさ」

「心の闇」

「ストレスが上手に逃がせない」

 

これがたまたま

不登校になっていることもあるし、

別の現象にも表れるのですよね。

 

 

だからストレスは

小さいうちに開放していく必要があるんですよね。

 

 

大きな傷にならないうちに・・・

始めていきましょう!

 

ストレスを開放することを!

 

 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop