不登校の対策:答えは一つではない

こんにちは。

不登校でお悩みのセッションをしていて感じます。

年齢も保育園・幼稚園の年代から
大学生までいろいろ問題も様々です。

そして、『不登校』の原因は
単に年齢だけではなく
その子の性格
そしてお母さん・お父さんの性格や立場
ご兄弟の構成/ご兄弟の性格など。

そして不登校であれば
担任の先生や、サポートしていただく先生の性格と学校自体の方針

などによっても、繊細なくらい、私のサポートも変わります。

そう。
一つとして同じケースや
同じ答えがありません。

たとえば、大げさに言うと
まったく同じケースでも
対象の子が違えば、
サポートの仕方も変わります。

また、その子が成長したことにより
少し経過をたどることで
関わり方も変わるケースも多いです。

私はその子(ランナー)と親御さん(沿道の応援)によりそう、
トレーナーのようなものだと思っています。
サポートをしている間は、
私は隣で走る伴走者となっていますが、

いずれ、お母さんが、真の「伴走者」となるのが、
私の目標。

ちょっと伝わりづらいかな。

また、この話はブログで書かせてもらいますね♪


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop