好きこそ才能!~親が子どもの好きをもっと好きに変えられる!~

こんにちは!
今日はとても暑いですね!

こんな暑い中、息子も日中からサッカーへ出かけました。
大人から見ると「こんな暑いのにがんばるな~」と思うのですが、
本人からしたら、「暑いのに嫌だな~。でも、仕方が無い。がんばらねば。」と思うよりは、今日対戦する試合をワクワク思って出かけています。

これは自分でやろうと決めたものだから当たり前だ!と思うでしょうが、では、学習ではどうでしょうか。

親御さんのご相談で圧倒的に多いのが、「あの子勉強を嫌がるのです。どうしたらいいでしょうか?」という内容です。

その教科でもどこか一つでも面白い!と思えたり、好き!っていう気持ちが芽生えさせるのが一番なのですが、そのきっかけはやはり「先生の魅力的な授業」「周りの環境」、それに「親御さんの言動」にあるのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち親として、子どもに関わるコツとしては、
『勉強をさせる』というよりは、『一緒に楽しむ』という事をできる姿勢で楽しんで家庭学習をサポートすること。

そういうアドバイスをお伝えしても、「つい力が入ってしまって、気がついたら叱ってしまっている。」という反省が生まれてきます。
一生懸命子どものためにすることが、子どもの意欲を刈り取ってしまっては、親も子どもも不幸ですもの。

『叱ってしまいそうだな。』と思ったら、一度親御さんは引くことも大事かもしれません。
そして学習が楽しくできる『環境』を整える事に協力して上げることです!

それと、「この子はこの教科がすきそうだわ。」という事を気づいて上げること。
好きこそ才能です!

お子さんがあるものに興味があれば、それは勉強が好きになる第一歩です!
何が興味があり、好きなのか?という事を観察できるのは、紛れもない親御さんですよ~!

是非、お子さんの勉強の姿を観察してみて下さいね♪
なにか発見があるかも知れませんよ!

次回は『親子で学習を一緒に楽しむ方法』について考えてみます!

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop