【お母さんのメンタルアイディアボックス】テストの後にさほど悔しがらない子へのテスト対策♪

s_5011917061252

~ジュニアメンタルトレーニングより~
中学生のメンタルトレーニングのひとこまです!

何事も、動じずポジティブに受け止める性格で、ストレスを感じることなくマイペースにいるHちゃん。
先日のレッスンでは「ちょっと悪かったよ~」と中間テストを持って来てくれました。
変なプライドもない子なので、ちょっとがっかりしていましたが、思ったよりあっけらかんとテストを次々見せてくれました。

そんなHちゃんのお母さんは「落ち込まないのはいい性格なのだけど、たまにはその結果に落ち込んだり、焦ったりしてくれればいいのにって思っちゃいます。少しは不安にもならないのでそれが逆に困るんですよ~」と、そんな嘆いていらっしゃいます。

確かに焦ったり、落ち込んだりしていれば、次に頑張る子もいますよね。
不安だからそうならないように、一生懸命する子もいます。

すこしはテストで落ち込めば、次はがんばれるかもしれないのに~!
そう思う親御さんの気持ちはよくわかります!

でも、実際は違うんですよ~!

いくら落ち込んでも「振り返り」ができていないのなら、落ち込んでいても同じじゃありませんか?
逆にあっけらかんとしていても「今後の対策」ができれば、落ち込む必要はないんです!

スポーツの試合の直後でも同じことがいえますよ!

すごく悔しがっている子っています。
感情をむき出しにして、悔しがって泣く子だっています!
でも・・・。

いくら悔しくても、それで終わってしまっている子もいます。
せっかく悔しいのに、なぜ負けたか?
これからどうして行くべきか?がわかっていない子は
いくら悔しくても、向上するすべをしりません。

スポーツでは、指導者がその原因知って、対策を練れば
それを練習に取り組めることができますが、
これが自分でもできること、指導者にお任せの子では
ゆくゆく大きな差になってきます!

ことさら、個別で取り組む学習にはこの取り組み方法は
大きな差となって、小学生の高学年くらいにはしっかり出て、
中学では、もうかなりのさがついてしまっています!

あまり物事に動じない、のんきなHちゃん。
それは性格です。
その子の良さもそこには含まれています!

その性格をどうこう考えるよりは
振り返りがしっかりできて、どんな対策があるかを自分で考えられる子にしていけば
まったく問題がないのではないでしょうか?

とはいっても、このHちゃん。
「やばいよ~この点数!」っていう感情はしっかり持っていましたけどね!(^^)
ただ、返却されたテストをそのまま放置していたので、
まずは1教科ずつの振り返りをし課題を見つけ、今日から取り組める対策を確認することを一緒に行いました。

さぁ!あとは実行あるのみ!
次のテストは、楽しみです!

 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop