成績が不振で好きなことを辞めさせないで!~大好きな事は生きる力~

先日スポーツチームの代表とお話する機会がありました。

長い間そのスポーツチームを運営されている方で

子どもとスポーツ、そして教育について

トークは続きました。

その中で挙げられたのが

”成績が下がったから、サッカーをやめます”
という親御さんが非常に多いというお話。

これは私自身が日ごろ
残念だな~・・と感じている事で
「子供のために、知ってほしい情報」として

発信したいなと感じていました。

実際、現場の指導者のみなさんは
何を感じているのか?
日ごろ気になっているお話をたっぷりお聞きしました。

その代表からしてみると
”やめたからといって成績が上がる子はほとんどいない”でした

しかも
下がる子も多いとか・・・。

やっぱり・・・!

では脳のしくみからしたらどうでしょうか?

=========================

私はメンタルトレーニングの中で、

子どもが本当に集中しているか確認したり
本能(右脳)が優位にたっているか、
それとも理性(左脳)が優位なのか
がわかるために
脳波測定をしています。

結論から伝えると、
本能の部分は絶対押さえられないことで、
理性がそれをコントロールしているということです。

 

 

 

 

 

♪♪ほとんどの犬の”待て”は、最後は必ずもらえるあてのある待てですね(^_-)♪♪

本能を抑制できるのは理性です。
遊びたいけど勉強をしなくちゃ!がまさにそれ。

ところが、本能を0に抑えることは
大きなストレスに直結します。

◆勉強やテストで発揮する集中力
◆問題を解くための発想
◆暗記した記憶を引き出すひらめき

これらはストレス脳波が出てくれば出てくるほど、
この脳波は下がっていく傾向にあります。

もし、お母さん、お父さんが子どもの成績をあげたいなら、
ある程度この本能を押さえすぎないことをお勧めします!

”大好きな事を続けたほうが発揮できる脳になる!ということ。

 

 

 

 

 

 

こういうお話は、教育現場の顧問の先生、教員の先生も
同じご意見たくさん聞いています!

スポーツに限らず、
文科系の顧問の先生経験がおありな方も、
このように同じことをおっしゃる方は非常に多いです!

もちろん、本人が湧き出る「希望」「やりたいこと」が
そのスポーツ・部活より勉強なら、
クラブをやめることも仕方がありません。
物理的に時間は作れますからね!

ただ、物理的に時間が増えれば
学習力が上がる、成績がアップする

これはイコールではありません。

成績をアップするには
「物理的に時間をつくるために
大好きなものをやめるくらいなら
上手に大好き♪な気持ちを生かせる方法があります。

お父さん、お母さん、
子どもに勉強をさせたいなら
むしろ大好きなことを「上手に関わらせて、学力アップに生かしませんか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

その方法は、その子によってちょっとずつ違うんです!

その方法さえ知っていれば、
大好きなものを辞めずに済むし、むしろ伸ばせる!
しかも成績は上がりますよ!

なんて言い事尽くし♪

親子の関係も・・・今より

ずっと、良くなりますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さん、お母さん!
子どもの大好きな事

続けさせてくださいね♥♥♥

==========================

脳波を計って、あなたの子育てマニュアル作りませんか?

個人セッションはお問合せより

⇓⇓⇓

ご予約・お問合わせ

 

 

 

 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop