「自分の夢」に格好つけはいらないよ♪

フィジパっ子キッズメンタルの時間では、
「自分の夢」を語る時間があります。

学校で「自分の夢」というテーマを書き出すときに
仕事とか職業とかを書かないとNGというのを聞いたことがありますが、
私のレッスンではそういうことは全くありません。

この夢」というキーワードに動揺してしまう子はたくさんいます。

「自分にはそんな立派な夢なんてない・・」とか
「もしかなわなかったら恥ずかしいから書くのやめよう」とか。。
ほとんどの子供たちが、はじめはいろいろな理由で動揺を表情に出したり
口に出します。

そこで私は言います。

夢ってそんなにかっこいいものでなくてもいいんだよ~」と。

そうすると『なんだそうなんだ・・・』と安心した表情になります。
『そうそう!別に職業とかでなくてもいいんだよ~』

もうここまでいうと、
子供たちはそれぞれの、経験やイメージで自分の夢を語ってくれます!

いままで
「ゲーム」について熱く語る子もいましたし、
「きのこ」について熱弁する子もいましたが、その子は
「きのこを研究する人」って答えてくれましたし、
「海の生き物」が大好きで、こんなち知識があるの~?とびっくりするくらいの子は
「いるかと泳ぎたい」なんて言ってくれた子もいました。

職業=夢

これは大人の理想なのかもしれません。

でも、その理想はちょっぴりよけておきませんか?
職業であろうとなかろうと
その子がこうしたい!こうなりたい!
と、シンプルに自分のイメージで膨らむ「夢」は
どんな形であれ、
大人になってからの
大事な栄養素となって育って行くんです。

ちなみに、私の夢は「およめさん」でした。
そして、25歳で子供を産む事でした。
なぜ25歳かというと、
1999年7月にノストラダムスの大予言で
地球が滅亡すると聞いていたので、
女性なのだから、
一人くらいは子供を産んだ経験をしてから
地球滅亡を迎えたいものだ!

・・と思っていました。

よくよく考えると、
産んですぐ世界滅亡でいいの?って
今思うと過去の私に突っ込みたくなるんですが(^_^;)

でも、びっくりです!
ちょうど1999年の7月に私は第一子を産んでいるんです!

これは偶然かも知れないのですけどね。

ノストラダムスの大予言は幸いにも当たらず、
今もこうして子供たちの暮らせていることに
幸せを感じてしまいますね~!

ちょっと話がそれました・・・!

なにはともあれ、
まずその子自身の等身大の自分の「夢」を解きほぐして聞いていくと
「その子の価値観」とか
「その子が何を大事にしているんだ」とかがわかるのです。

だから、「立派な夢」とか「職業」とか、「偉い」とか
「またかなわないかも」とか「こんなことを言われてら笑われちゃうかなとか・・・」

そんなことより
シンプルに「どうしていきたい!どうなりたい!」という気持ちを
自分に問いかける時間を
私は大事にしたいと思います。

それが将来の方向と全くちがったりしたっていいじゃないですか!

今の自分の心を大切にすると
未来の自分が輝けるんです。

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop