朝は親子の格闘タイム!ピンチをチャンスに!

朝ってママにとって戦争です!

そんな朝に、
我が家ではある事が起こりました。

************************

夜はサッカーで帰宅が遅い息子。
そのため、彼は朝勉強をしています。

とはいっても、帰宅が22時過ぎ、寝るのは23時。
元々9時には就寝する子だったので、
それでも練習があった日は朝起きることはかなり辛そう。

この日は小テストに英語と漢字が二つあったようす。
私もやや遅れて起き、息子も起こすと
「ああああ!今日テスト二つをやる予定だったのに・・・!
もう終わった・・・」と。

たしかに、時間的には予定から1時間ちょっとは遅いけれど、ご飯を7時半から食べ始めるので、それまであと15分もある!
6時から起きてする息子にとっては、「もう15分しかない」であるけれど、
それは息子の観点。

「まだあるよ!時間!」
といえど、
「もう終わった・・・」の一点張り。

特に洋服を着替えるスピードも変えず、
見ていて「こりゃ本当に終わってしまうな」という行動。

私も、
「時間が無い無い!と思うからないのよ。まだあるよ!」
と、声はかけるものの、まぁ・・あまり変らず。
いつものようにご飯を食べ始めた。
(背も体も大きくしたいので、彼の中ではテストよりご飯みたいである。笑)

そこに、「ああああ!」となにやら悲痛の声。
すると、制服のズボンにお味噌汁がかかっているではないか!
テーブルも床もびしょびしょ。
そして、制服は・・・
おしりまで味噌汁やら高野豆腐やらたっぷりつけている。

しかも・・・。
いつも出る時間まであと20分。
私は、まだ鶏肉をフライパンで蒸していた所。
弁当は作り終えていない・・・。
たださえも、彼にとってピンチなのに、
これで私もピンチになった!

私は考えた。
これは、手本を見せる番だなっ!

「ズボン脱ぎなさい!ママは、先にこの制服洗うから!」
キッチンで高野豆腐をとり除き、
洗面所で一通りズボンを洗い、
ドライヤーをリビングに持ってきて息子の近くで乾かす。

その母を見ているにも関わらず、
まだこの状況を受け止められないのか、
肘をつき、絶望の様子で口に運んでいる。

私は、ドライヤーの手を止めた。
「ねぇ。ママがあなたみたいにいま、「もう終わった。」って
言えることもできるよ。でも、ママはあきらめていないよ。
今のあなたは、試合で3点入って「もう終わった」と思い、
さらに2点入って「もう試合負けた」みたいな顔になっている。

君は試合で最後の最後まであきらめていないって、いつも言っているよね。
でもテストでは、自分が始め調子が悪いと、なんだかそのテストは
最後まで引きずってしまうと、振り返っていたよね。
それって、こういう事だよ。

普段の生活から変えないと!
5点入っても、6点入れたらいいんだよ。
1点でも返すことが大事なんだよ。

あなたは、試合をまだしているのに
その試合を投げたりしちゃうの!?」

するとちょっと表情が変った。

ママといま約束しないと、ママも手を動かさないよ
『もう終わった』って、この言葉はもうこれから
使わないでほしいんだ。約束できる?」と聞いた。

はじめは、黙っていたけど
「約束してくれる?」と聞くと
こくっとうなずいた。

私は「よし!ガンバろう!まずは姿勢から。
姿勢をしっかり、その肘をつくのはやめたほうがいい。
やる気は行動から出てくるから!できるね!」といって
ドライヤーのスイッチを入れた。

ドライヤーを止めて話した時間。
おそらく1分半くらいは経っていたと思う。
でもこの忙しい時間に行なう事に意味があった。

何故って
この1分半は私たち親子のゴールデンタイム
となったから。

息子は、その瞬間から明らかに食べ方が変った。
私はなんとなくその様子を見つつ、
ドライヤーのスイッチをつけて
フライパンの火も再度点火し、
ドライヤーとフライパンのにらめっこで弁当を仕上げた。

まだ、私が目の前のミッションを終えていないとき・・・。

なんと!
いつも30分もかけて食べる息子が、
いつもより遙かに早く食べ終わって
流しにお皿を持ってきてきた!

「おお!やればできるじゃん♪」
「うん。」

「ねぇ、知っている?火事場の馬鹿力っていう言葉。」
「うん。知ってる知ってる。」
「追いこまれていた時に、人間は素晴らしい力を発揮するんだよ!」
「知ってる。」
「いま、火事場の馬鹿力を発揮したね~!いつもより断然早いね!
この調子で、漢字も英語もやれば、絶対満点取れるから!
大丈夫!ピンチをチャンスに変えちゃおう♪」
というと、
むすこはもう、言われ続けている息子ではなかった。

顔はキリリと。
姿勢もぴしっとしていた。

うん。もう大丈夫だ!

「はい!ママもなんとか間に合った!」といって乾いたズボンを渡すと
「ありがと。」

「今日は少し早く行く!テスト勉強学校でするから。」
「Ok!行ってらっしゃい。」

*************************

私は別にテストで満点を取ることを臨んではいない。
ただ、息子には
「どんな時でもあきらめないで、その目の前の事を
全力で進む!」ということを知ってもらいたいだけ。

でもそういう事はなかなか言葉でそれを伝えるのは難しいですね。
今日は、それを体感させたかったのですが、はじめはなかなかうまく
いきませんでした。

きっとママの私にも同じように「ピンチが訪れた」から
息子に伝わったんだと思います!

おかげで息子にとても大事な事を感じ取ってもらえたような気がします!

ピンチになってくれて良かった~!
そして「ピンチはチャンス」を知ることができてありがとう!

今日も一日、笑顔で♪
ふわふわりん♪

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop