学習の基礎力を育てよう!~家庭学習参考メモ♪~

ある日の授業。
上手にその事実をどれだけイメージできているか」をそれぞれの子ができるか見てみました。

私が読んだある文章は「惑星」についての説明文です。
読み始めは、どの子もさほど興味はなかったようでした!
なぜなら、それぞれ音読をまわして行ったので、「内容より読むことが必死』だったようです!

そのつどコメントなどいれながら読んでいくと、だんだんその文章に心が惹かれてきたようで、子どもたちは真剣に聞いてくれました。

私は文書を読み終わった時、
「さて!では、この箇所、文章を読んでない誰かに、この文の意味を上手に伝えようとしてご覧!
絵で書くとどうなるかな?」とお題を与えました.

その文章と「太陽から近い惑星が水星・・というように、太陽から順々に惑星の名前がかいてある文章」でした。

そう。
この子たちが、どうとらえているか知るための時間です。

これがこどもたちが書いた絵でした。

わたしはいつもちょっと意地悪をします。

「順序がわかるように書いてね」とか、「ならべて書いてね」と言うことをさらっと伝えましたが、強調して伝えることはしません。

 

 

正解を書かせようとすると、子ども本来の力が見えてこないからです。

私のレッスンでは、「絶対の正解というのはない」と常に伝えますから、先に正解ともいえる様な結論を伝える事は絶対にしません。

 

さぁ!
みなそれぞれの絵がかけました。

これらの絵を見て、大人の何を皆さんは感じるでしょうか?
そして子どもたちにどう伝えますか?

★イラスト3枚目★
順番をわかりやすく示したのは、一列にならべた子の絵でした。
→太陽から順々に遠ざかるさまが、説明しやすく書いてあります。

★イラスト2枚目★
イメージで想像して書いた様子でした。惑星が点在しています。
→説明文としての『説明のためのイラスト』としては不十分でしたが、創造性を使ったイラストになりました!

★イラスト1枚目★
真ん中から線を引いて書いた絵
→この子は、途中他の子の見て自分と違って書き直した子でした。
はじめは、イラスト3枚目の子のように、一列に書いていましたが、周りの子が太陽を中心に書いているのが目に入り、少し頭が混乱したまま完成させてしまった様子でした。
どんな形でもまずは自分の頭でしっかりイメージすることが大事。
「自分の力で考えてすればそれが正解なのだから、自信を持って書いてみようね!」と最後に伝えました。

さて!
ここまでは、自由性を尊重する時間でした。

ただ、ここからが、この子たちの感じる・気づく時間です。

物事をどう脳でとらえて理解するか?
それをどう表現するか?

これらは学習はじめ、すべての生活の基礎となります。
みんな正解だけれど、ベストなものがあるかもしれない!

この日は『人に説明するにはどの絵が一番伝えやすいかな~』とみんなで考えました。
佳苗先生は、どういうために書くってちらっと伝えた事を覚えている?と。

すると、みんなはお互いの絵を見て考えました。
イラスト3にみんなの意見は集中しました!

「もし、誰かにこの文章をわかりやすく伝える」場合は、この絵がわかりやすいかもね~!
うん!でも、みなよく想像してくれたよ!」

最後は必ずこんな言葉で締めます。

答えは『教える』のではなく『感じて知る』
ここですべてを感じる子もいれば、なんとなく気がつきそうな子もいるでしょう。
でも・・・確実にこの子たちが変化している。
自分のペースで!

その変化を私たち大人が、楽しむ事が大事だと思っています!


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop