子供の「ピン♪」をキャッチしよう♪

こんにちは。

今日は私の子育て日記です♪
メンタルトレーニングでも同じですが、
我が子の子育てでは常に子供の「好奇心」を大事にしています。
子供が二人いたら、その好奇心も姉・弟それぞれ別物。
その好奇心がどこにあるか、日々探索中です♪

我が家息子は、「他人からの評価が気になる場面」があるタイプです。
常に他人からの評価ばかり気にしている子はプレッシャーとか、ストレスも大きくなりがちになります。
でも、息子の場合はマイペースで、自分自身をしっかり持っている子なので、あまり大きな心配はしていません。
ただ、「他人の評価が気になる」ことは、メンタルケアの分野では、ちょっとマイナスな性格とも言えるので、この際この性質を最大限に「プラスな方向」で生かしたい♪と考えます。

さて、そんな息子ですが、この時期は個人面談の期間です。
評価が気になる息子は、個人面談が数日前からとても気になる子です!

外遊びから帰宅してくると毎回決まったように
面談で先生は、何て言っていた?」と一言目に必ず聞いてきます。
必ずです!笑

そう!ここは最大限に活用する瞬間です!

今年も、「ただいま~!」の次にできた言葉は、やはりお決まりの 「先生はなんて言っていた?」でした!

「先生からの一言で、ママが印象的だった言葉はね、『彼は人望が厚いんですよ。同級生はじめ、下級生か
らにもとても慕われていて、自然とひっぱっていける存在です。』って、そうおっしゃっていたことかな。」と、先生から言われたとおりに、本人に伝えました。

「ふ~ん。」と息子。
ちょっと難しい言葉もはいっているので、褒められている内容なのだろうけど、どう褒められているのかが、いまいちピンと来ていない様子。

「人望ってどういう意味かしっている?」と聞いてきました。
「知らない」
「ママはそう褒められてうれしくなっちゃった~!「人望が厚い」なんてママは言われたことないからなぁ~」
「ふぅん。」
うれしそうな母を横目に、いまいち理解しきれていない様子の息子。

「人望ってどう意味か、調べてみたら?」とすかさず国語辞典を差し出す私。笑
「え~。別にいいよ~。」
「とっても良い褒め言葉なのになぁ。自分が先生から、どうみられているのか?自分でも気が付かない自分の良いところを、先生が伝えてくださったのだから、本人が知らないってなんだか残念だなぁ~」
そういいながら、国語辞典のケースから出して、はい、と差し出した。

「知りたいなら調べたら?」

本人もま、なんだかママがとてもうれしそうにしているからなのか、
ちょっとその内容が気になっていたのか?
はたまた、ニコニコしてみている母から逃れられないと思ったからなのか?

「・・・まぁ、時間もあるし調べとくか!」とかいいながら調べる。
私「なんて書いてあった?」
息子、声に出して読む。

意味を読んでとても嬉しいみたいだけど、表情には出さないように抑えている様子が手に取ってわかる。
うふふ。

笑いたいのを我慢して、「慕われているって、いう意味はしっている?」と聞く。
「知らない。」
「じゃぁ、出したついでだから調べちゃおう。」
「慕われるは、この辞書にないよ。」
「ほら、慕うってあるよ。これじゃないかな?」

そして、また意味を読んで、また「ふ~ん。」という息子。
うれしいはずだよね。
意味を知るとなおさら!

でも、表情は至って変えずの息子でした。

img_20160713_115850

そういえば過去、臨時で2週間ほど担任を受け持ってくださった先生が、最後に一人一人メッセージを書いてくれたことがありました。

その時にいただいた文字は「文武両道の〇〇くん。それを生かして、君の将来に期待しているぞ!」というようなメッセージをいただきました。

先生のお別れの日、息子は私に聞いてきました。
「ママ、文武両道ってなに!!?」と。

その時も「国語辞典くん」は母の手から差し出されたのでありました。笑

その日から、彼の目標に「文武両道」の文字が増えました。
先生の言葉ってすごく良い影響がありますよね~!
ちなみに、私の運営する教室の目標にも「文武両道」とあるので、私も「文武両道」という文字はなんどか出したことがあったのですが・・・。
やはりその時に、子供自身がピン♪とくるタイミングとかがあるんですね~!

 

ご家庭のお母さん、そして指導者はその子供の「ピン♪」にどこまで反応してキャッチできるか?です。
その「ピン♪」に反応できて適切な言動ができると、その子の伸びしろがたくさん生まれてくるんだな~って思います!

ちなみに、私が最近息子のテストなどで、かなり気になっている教科に対してのご指摘もありました。
「しいて言えば、この教科が~○×△◆」と。

「やはりそうですか!」と思ったのですが、そのコメントは、面談の事が終わる最後に付け足しました。
気分が良くなったところで、「そういえば!」という感じで、付け加えてみました。
「こんなに素晴らしい評価をいただいたけど、課題はちょっとあるかもしれないね!」と。

本当は、母のエゴとしては、この部分はとっても気に留めてほしいことでした。
最近ちょっとテストが悪い教科なので~。

でも、今回この話で、「2単語も、調べてそれに対して理解できた」ので、今日はそれで満足です!
「こうやって、文字を調べたり、丁寧に勉強していけば、今日指摘されたことも、改善されるだろうね♪」と付け加えて終えました。
今後の息子に期待です!

************************************************

~本日の調べ~
◆人望:人々から親しまれ、尊敬されること 例・人望が厚い

◆慕う:①恋しく思う。例・子供が母を慕う。
②そのようになりたいと思う。例・漫画家を慕って弟子になる。
③後を追っていく。例・犬が後を追っしたって来る。

国語辞典って難しいですよね。慕うにもいろいろありました。
大人が横でそ~っと解説してあげないと、理解しきれないで終わって、余計に辞書を引くことの面白さがわからないかもしれません!

ということで、母も一緒に楽しんで引くことにしています♪
だから、一緒に楽しめないときには、こういうことはしません。

今回も、「ちょっとこの椅子に座ってちょうだい♪」といってこの話をしました。
仕事中でありましたが、母もある程度ゆとりをもって、いかないと、難しいですねー!
多忙な母の課題ではあります!

本日のふわりんの子育て日記でした♪
************************************************


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop