「失敗が怖いKちゃん」・・そして長友選手のブログを読んで

 メンタルセッションをしている生徒さんに
「失敗がとてもこわい」という子がいます。(以降Kちゃん)
「スポーツの勝負も怖くて見られないのだそうです」
お母様も困惑。
そんな彼女とは定期的セッションをしています。

 

先日そんなKちゃんが先日のセッションでこれはちょっと内緒なんだけど・・・と、
「失敗だった」という経験を私に話してくれた。
彼女は自分の傷として残っていた。
いつしか「失敗をしないように」言動する。
そんな習慣がついてしまったのだ。

 

「失敗がとても怖いのです。」とKちゃん。
「そうなのね。失敗は私も怖いわよ~。」
「先生も怖いの?先生はどんな失敗があったの?」
「たとえばね~。(例をいくつか出す)
でも、たくさんありすぎて、話したら一日では足らないな~。
ひどい失敗もあるしなぁ~(笑)
Kちゃんの失敗はかわいらしく見えちゃうくらいひどいものだよ!」

 

Kちゃんは少しほほえむ。

 

 「でも・・・」
表情はまた強張る。

「でも失敗は怖いし、私は相手も傷つけます。困らせたりもします。」


「そうなのね・・。Kちゃん素敵ね
「・・・?素敵・・・ですか?」

 

「うん。素敵じゃないの。だってそれに気が付いたのでしょう?」
「は、はい・・。」


「素晴らしいわよ!

 

Kちゃんかなり戸惑った表情。


「どうして素晴らしいのでしょうか?」

「それを「失敗」と感じて、相手を傷つけたり困らせたりしてしまったと受け止めたから。」
「はい。」

「そして、その事を今私に伝えてくれているから
さらに素晴らしいのよ。」

「はい・・」

私はまだ少し戸惑っているKちゃんに

「・・・大人になっても「気づき」ができない人もいるのよ。」
と伝えた。


これにはKちゃんもびっくりした様子。

「そうなんですか?」
「大人もたくさん失敗するけど、大事なのはそこに「成長」がるかどうかです。」

「私はどうしたらよいのでしょうか・・・。」
Kちゃんは意外な話の展開に頭を整理をしている様子。


「Kちゃんが「失敗あった」と話してくれた今のお話。
もし今のKちゃんならどう考えて行動しますか?」

 

彼女は、今はこうしていればよかった。
今度はそうしていきたいと具体的にその事柄を答えた。

 

「では、そうできた自分に、Kちゃんはなんて声かける」
「「私もなんだか成長したな~」っていいます。」

 

そういって書いている用紙にその文字を書きこむ。


「やっぱり!ほら!成長したKちゃんがたしかにいるよね。
Kちゃんはそれが見えた?」

「はいっ!私すこしだけ成長した感じです!」
そして笑顔!

 


「[気づく]ためには時に[失敗]が伴うこともあるの。
人はそれを「失敗」とかいったり、そこに評価をしすぎて落ち込んだり、
またそんな人を他人が非難したり・・ってあると思うけど、
「失敗しちゃったな~」って思ったら
「成長できる失敗」だったと言えるように行動していけばいいのよ。」

「時にその「失敗」をひどくとがめる大人がいるかもしれないけど、
それはその「結果」に対しての注意でああり、
その事実をしっかり受け止めることが必要な場合もあると思うよ。」

「私はできていますか?」

「この事は受け止めているからお話してくれたんでしょう?」
「はい。」

「その[失敗]を[経験]ともいうの。
「失敗をしてはいけない」ということで「恐怖で前へ進めなくなってしまうのは」
とてももったいないよね!

「気づき」をおしえてくれた[経験]と思っってみたらどうかな?」

「考えて」そして「行動」していく事。
が「次の成長」になるのよ。
そんな失敗は[した方が良い]のよ。

「はい!」
そう言ってKちゃんの表情は先ほどより明るかった。

 

「でも・・・私にはその方法がわからないかもしれません・・」
「大丈夫、一緒にゆっくり行こうね。」

そう言って笑うと、Kちゃんも笑顔でした。

 

きっとこれからなのだと思う。
道のりは長い。 人はそうた易く変れない。
失敗を恐れない。
それはこれから「体験」して覚えていく事なのだろう。

 

変えたい!変わろう!とする彼女を、
後ろからがっちり支えてあげたい。


あとは変えるための「勇気」です。

*******************************************


その一歩踏み出した彼女とのセッションから翌日、
サッカー日本代表の長友選手の記事を見た。

 

あの輝かしいワールドカップというステージで世界の壁に挑んだ選手を「失敗」
をけなすメディア・世論。
こうした「失敗ができない」子を作らないためにも、
「勇気をもってチャレンジする人」を心から敬意をもって
称賛したいと思う。

日本のサッカー界が、これだけ世界に近づいてきたのも、
「一歩一歩のあきらめない」という過去の選手の積み重ね後思う。

 

このKちゃんにも
それからKちゃん以外の「勇気をもった一歩」を踏み出したいけど踏み出せない子にも
サッカー選手から学べる人がいるって伝えたい。

*************************************************

長友祐人選手のブログより

 

みなさん応援ありがとうございました。

試合後、頭が真っ白で話すことが出来ず、少しの時間がたって落ち着いた今、
みなさんに自分の思いを伝えたいと思います。

自分の中にある一番大きな気持ちは、本当に申し訳ない気持ちです。

応援して下さった人、支えて下さった人たちに最高の結果で恩返ししたかったです。

この4年間、自分たちがやってきた準備に対しての悔いはありません。

でもこれだけ最高の仲間、スタッフと結果を残せなかったことは正直悔しいの一言です。
4年間みんなで力を合わせ、辛い時も、苦しい時も、一緒に乗り越えてきました。
それがこんな儚く一瞬で終わってしまうなんて。


すべての批判を受け止めます。
僕はチームの勝利に貢献することができませんでした。


批判してくれる人は自分を成長させてくれます。


そのすべてをエネルギーに変えて、必ず成長します。応援して下さった人、僕を支えてくれる人、批判してくれる人たちすべてに感謝して、これからも成長しなくてはらないと思っています。

 

長友佑都(ブログより)


**********************************************

長友選手のような一流選手は
「考え方」も一流です!

o0320041812548979980

私たちはあの巧みなサッカーの業や強靭の体力は真似ができないかもしれないが、
長友選手の考え方は 今日からでも実行できる!

私たちも一緒に成長していきたいな・・・と
感じていました。

ね、Kちゃんも一緒に「成長」しましょうね(^^)

ゆっくりでいいのです。
確実に歩むその「勇気」が新しい自分への第一歩です!

ふわふわりん

 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop