セラピーorトレーニング?

セラピー&トレーニングルームについてお話します。

何故セラピーとトレーニングなのですか?と聞かれることあります。
はて、どうしてでしょうか?
私もここにたどり着くまでの人生がありました。

私は「ポジティブだね!」と言われたりします。
でも、そうでしょうか・・・?

自分の暗い感情や状態
○私自身人づきあいは上手ではない。
○人に好かれる人とも感じていない。
○仕事の手際は悪いし、失敗も多くて迷惑ばかりかける。
○あまり言い返さないから、自分に大きな態度を取ったりする人がいる。
○人の評価が気になる。
○がんばって事が、本番で報われない。
○頑張っている割に、評価されない。でも仕方ない。まだ努力がたりないのだから

ほら!マイナスワードだらけ!!笑

これだけ見ていたら、根暗でどうしようもない人格だと思いませんか?
こんな私に人は「ポジティブだね!」という。

いいえ!決してポジティブな人でも、要領がよい人でもありません(^^)
でも・・・どうしてそう見えるのでしょうか・・・?
一時とても不思議な気持ちでいました。
考えた末、ある結論に達しました。

自分がそう受け止めたあとにポジティブワードが生み出せるからなのかと思う。

次に生まれるポジティブなワードや環境
○くよくよしているなら、前へ進んで後悔しよう。
○所詮他人。他人の評価にとらわれすぎて、自分らしさを失うのはもったいない!
○失敗しても、次がある!
○社会は大きな役割がある!私がちょっとボケていたほういいのよ♪などなど・・・。
がんばった♪
○自分の失敗で周りの人が楽に和んだり、肩の力が抜けたと言われた。
○負けたのに頑張っている姿に感動したと言われた。

etc・・・・♪♪♪

ポジティブというのか、自己中心的というか・・・(笑)

この部分を見た人は、「あの子は自己中心的だわ」と思われているかもしれない。
でも、前に書いたワードをふと思ってしまったら、次に生まれる新しいワードがないと、
人の心や体はつぶれてしまう。
かといって、普段からこんな事を思っていたらただの自己中心的で怠け者で、努力をしない人間になる。

トレーニング&セラピーも同じです。

セラピーが必要なのか
トレーニングが必要なのか、
人はシチュエーションによって
その必要性が変わっていく。

常に「周りからいいよいいよ~」と甘やかされてきた人は、いずれ頑張ることをしなくなる。
かといって「もっと頑張りなさい!」と言い続けたら「結果」が出ても満足できなかったり、
肯定力を失ったりする。
もちろん、そこには「快楽」がなくてはならない。
その快楽が何か?それも人それぞれ。

だからその人を良く知ってその人にあったバランス見つけていかなくてはならない

自分が怖いな、嫌だな・・と思う事も真正面から取り組んで、
自分の方法で潜り抜けるようになる事ころ、人生そのものです。

  前にある壁を乗り越えるの?
  隙間から潜り込むの?
  左から?右から生くの?
  人に助けてもらって上から引っ張ってもらうの?
  何か乗り物に乗って飛ぶの?
  それとも、この壁は今はあきらめて回避するの?

そのためには、自分自身の本当の気持ちと、できる自分と、
そして今おかれた状況を把握することが大事です。

それが子供なら親がその決断の手助けになることも大事ですが、
時に親だってまだまだその子の本質を分からないこともある。

そして、そのサポートしてきた親も、
いずれは距離を話してその子、ひとりでその判断をして歩んでいかなくてはならない。

セラピー&トレーニングルームは、そんな方法を一緒に考えていずれ一人で
その判断をできるためのスキルを学びます。
・セラピー(心のケア)を必要な人はそこからはじめトレーニングする人も。
・トレーニングをしたい人tも、時にセラピー(ケア)が必要ならそれも盛り込み強化する。

その人それぞれのパターンがあるはずです。

自分に合った「壁」の乗り越え方を学んだ人は、また別の大きな「岩」が現れても
その人はその足で、その頭で、その精神力でクリアしていけるでしょう!

セラピートレーニング

今のあなたはどちらでしょうか?

ふわふわ~っと、そして凛と!
ふわりんは、そんな2つの相反したコンセプトを大事しています!

 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop