幼児期の反転文字のヒミツ!

こんにちは!ふわりんです!

子どもの反転文字ってかわいいですよね
私、とても好きなんです♪

「く」と書きたいのに、反転になる。
「かわいいわ♪」と思う親御さんも多いかと思いますが、
周りの子供たちが直ってくると、
「あら~。うちの子まだこうなってしまうわ・・」と
悩んでしまうママさんも少なくはないかと思います。
この反転文字がおきてくるヒミツ・・・!

これは幼児期の「メンタルボディーマップ」がまだ作成中だからなのです!

メンタルボディーマップとは簡単に言ってしまえば「脳内地図」です。
幼少時代でのあらゆる動きから、このボディーマップが作られるんですね!

これはむすこが年少さんの時。
まだ「く」が逆転していますよね。(^^
1487226_615209711874901_447059450_o

 

 

 

 

 

 

このボディーマップは、「知育あそび」や「運動」から作られます。

小学生になっても、「左右」が頭ではわかるけど、実際右手をあげてと言って、
「左手をあげてしまう」ということ、
それが「図形」を上手に描けない、「図形問題を解けない」などにつながります。
小さい頃から、子供の生活の遊びのパズルなどは、知育としてとてもいいですね♪
また、我が家ではプラレールの線路を、自分自身で考えながらつなげていましたが、
これも、一つの遊びからできるトレーニングと言えますね。

ただ、パズルも興味ない・・・プラレールも電車を走らせることが好きで、
レールは作りたがらない・・・(困)
・・・という子供さんもいるはずですね。

そういうお子さんには、やはり「体を動かす」ことが一番なんです!
それが、「メンタルボディーマップを作ること」につながっていきます。

**************************************

短時間で効率よく伸ばす方法・「脳発達」をトレーニングする楽しい運動はこちら♪

***************************************
※発育がちょっと遅れているかな?お子様がそう感じている方
※スポーツを不得意から得意に変えたい!というお子様

フィジカルパークがご相談に乗ります!

また12月27日は「発育発達」が気になるお子様のマンツーマンキャンペーンもやっています。
通常会員様のみ受講できるレッスンを、非会員様に50%オフで提供しています!
遊具を使って、楽しく遊んで「脳発育」をつくるプログラムを行います。
冬休み特別企画です!

フィジカルパークhttp://physipa.com/

周りでお困りのママさんにもぜひ、ご紹介くださいね!

*****************************************

 

 

 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop