サクラ色と一緒におめでとうございます!

こんにちは。ふわ凛♪です。

3月の中旬というのに、サクラの開花宣言がありましたね!
今年はやはり早かった・・・。

サクラのピンクは「肌にも心にも優しいピンク色」です。
日本伝統色の桜とは・・。

桜・・・薄紅色(うすべにいろ)
さくらの色からきた色ですがが、紅染のもっとも淡い色も同じに用いられている。
日本人のサクラの花への愛好とともに、色名の桜も平安時代頃から現れ、現代まで広く使用されてきた
現代では、洋色名チェリーピンクは「さくらんぼうの色を連想するような濃いのピンク)が用いられてきたため、サクラ色はより紫みがかった色を指すようになってきた。

また、平安時代の襲(かさね)の色でも、(表*白→裏*濃葡萄(こいえび)のものを桜重)などいくつか「桜」の名称が記録されている。


平安時代から日本人が「サクラ」を好んでいたのは、色の起こりからもわかりますね。
平安時代の方々は、この桜を見てどのような感情で過ごされたのでしょうね。

卒業はその旅立つためのジャンプ・・・! 終わりではない。飛躍ですね!!
ホップステップジャーンプ♪♪
きっと桜色もそれを応援してくれていますね♪
軽やかに・・・そして幸せな心でジャンプできるように♪
卒業というステップを踏むみなさんにエールを送りたいです。
そしてジャンプしたその地がまた4月からの新たなスタートです

卒業するみなさん、おめでとうございます!

sakura

 

 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop