「ストレス社会」に負けない!今できる事を考えよう!

精神科医推移こんにちは!ふわ凛♪です。

私がこのブログを書いている原点となるお話しをします。

この記事に関して、あるSNSでの論争が、「頼る場所があるから弱くなる」といった内容で書かれているのですが、「鬱」を経験した人が、「弱い人間」という様に表現されている事に耐えられず、こちらのブログにUPしました

夫が8年前に鬱になり、その時には夫は大好きなかわいい子供たちの食卓ので「パパはもうこの世にいなくてもいいね」と言ってい増した。彼は今その事を全く覚えていません。
鬱は「脳」が侵されているもので、「頼る場所があるから」でも「弱い人だから」でもない!のです。


①頼る場所はあるべき

それは身近であればある程良い!子供なら親、夫なら妻、それでもだめなら、専門分野ではあっても、身近である「敷居が高くない場所」です。私はそれを目指しています。
ただ、その頼る場所は「確かな情報か」ということです。私もその頼った場所が「確かなものなのか・・・」と不安がある中での受信や、治療でした。「精神科」・「自然治療」など、色々駆け回りました。確かな情報が欲しかった・・・。
でもそれが出来なかった。

②頼る場所を作ろうではないか!

そんな場所がなかなか無いなら私が作ろう!それが私の活動なのです。
と、その前に「鬱」などの症状を少し考えましょう!
ストレス社会だからといって鬱になるとはかぎりません。
ですが、鬱は『バブル崩壊』から確実に増えてきています。

では、ストレスが必ずしも「鬱」になるのか・・?
答えはNO!!
後進国と呼ばれている国には鬱はありません。
その理由として、「人間の生体」や「脳」の事を考えなくてはなりません。

③ふわ凛♪の具体的提案
私は医療ではできない、可能でなかった一般のサービスとして
今困っている方に手が届くようなモノを作っています。
それは、ある専門性のモノをいくつか融合することによって、「より可能にする」方法をとっています。
確かな情報として、あるプロジェクトを進行しています。

そのプロジェクトの入口がこのブログです。

興味がある方は、是非このブログを読んでくださいね。

このサイトが必要な方に届きますように・・・

 

つづく・・・


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop