箱根駅伝から学ぶ~魂で感じる経験を~

こんにちは!ふわ凛♪です。

今日も昨日に引き続き箱根駅伝を見ています。
競技中に流れる選手たちのエピソードはどれも私に力を与えてくれます。

TOPを走っている日体大。
昨年の箱根駅伝では出場権がとれませんでした。

そして監督が下した3年から出したキャプテン。
「なぜ俺達4年生からキャプテンが出ないんだ。」
監督さんに『4年から出してください。」とお願いしたそうです。
それでも監督さんは曲げなかったそうです。
そして最終的に4年生がいきついた答えは
「俺たち4年がこの走りを引っ張るんだ」だったそうです。
4年にとっては2度の屈辱だったのでしょうが、それを確かに自分たちの答えとして出したのだと思います。

また、「規則正しい生活。食事」を心がけた選手もいたそうです。
当たり前のこと、でもその当たり前のことがなかなか難しい。
これも、自分が魂から「悔しさ」を感じた結果だと思う。

でも、裏側には選手が本気で自分自身で考えたのだと感じます。
当たり前の事を、人から言われてもできないのに、
自分が魂から『悔しい』そう感じたなら「人は変われる」

また、早稲田の監督はインタビューで
「僕たちはシード権を取り、順位も安定しているように思えるが、やはり日体大のように心から悔しい思いをしていない。だから日体大を見てまだ本気さが足りなかったように感じた。」と涙ながらに語っていらっしゃいました。

子供たちには「自分自身で感じる」心を持ってほしい。
そして、人間を大きく飛躍させるのは「辛い」経験なのだろう。
それは時に「失敗」と言う人もいるかもしれない。「挫折」と言われるかもしれない。
でも、それを失敗で終わらない、挫折で終わらない「未来」を変えていけばよい。
子供がそれを感じることが多ければ多いほど、その子はきっと『自分で生きる』力を備えてくれる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

青空courtの「体動かし隊!」は今年も子供たちが『感じる』場所を提供します!

青空court2013


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

最新ニュース

このブログを購読する

RSS FEED  RSS

▲Pagetop